スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦渋

30.jpg



少し更新できませんでした。
何故かというと、ずっとムスメの看病で。。。。
喘息症状が強く出てしまい、それだけならまだしも。。。
何と何と、ムスメの学年は今日から林間学校だったのです。

ず〜〜〜っと学校をお休みして、様子を見ていたのですが
喘息症状が今回かなりキツく。。。。
苦渋の決断をせざるをえませんでした。

泣くのを堪えながら。。。でも、す〜〜〜〜っと涙を流しながら
私の話を何度もうなずきながら、聞くムスメ。
「もうね。5年生だから、ママの言うこと説明分かると思うから
ちゃんと話すね」と言って、今回の決断について長い時間を掛けて
話し合いました。

「うん。分かった」と、か細い声で答えてくれたムスメ。
そうなんです。1年生や2年生だったらば、きっと私が何を言おうと
「行くーーーーーーー!!!絶対行くも〜〜〜〜〜〜ん!!!!!」と
泣いて喚いたと思うんです。
だけど、もうその年齢では無い。子供に無理矢理押し付ける言い方でなくとも
きちんとした話し合いが出来る年齢になっていました。
いつの間にか、そういう風に育ってくれていました。

だけど。。。今朝は私の方が辛かったです。
集合時刻に近づくにつれ、「あーーー。今頃、みんなワイワイ楽しく、集まっているんだな」とか
「これから、みんなでバスに乗り込んで、あそこへ行ってあそこも回って、夜はみんなでお風呂入って
キャンプファイヤーでダンスするんだなぁ」と思うにつれ、泣けてきてしまいました。
二泊三日もある林間学校。分刻みのスケジュールで、一日中みんなでワイワイ。。。
そんな濃い貴重な体験、想い出を一緒に作ることが出来ないムスメが可哀想だなぁって。

起きてきたムスメは、にっこり笑って「あ!林間学校だね^^」と。
笑ってはいるけど、そんな姿も母は辛いなぁ〜〜〜〜。


   
   
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。